スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.12.05 (Fri)

「レイトン教授と最後の時間旅行」感想&レビュー

もうすぐ終わる……私の、最後の時間旅行





先週発売してからマビノギそっちのけでプレイし続け、
昨日、全ての問題をクリアした「レイトン教授と最後の時間旅行
ラストで大泣きしました。゜゜(´□`。)°゜。ウワァァーン!! 葉佩伽耶です。

今回で3作目ですが、このシリーズは全作通して、ちょっぴり切ない物語が
物語の主軸になってます。
3作目の時間旅行もレイトン自身の切ない恋のエピソードが語られ、ラストで
ほろり……というか、私は大泣きしていまいました(´_`。)
ネタバレになるので、その部分は後に反転表示で感想を綴るとして。


今までの2作に関する私のへっぽこレビューはこちら。

1作目「レイトン教授と不思議な町」レビュー
2作目「レイトン教授と悪魔の箱」レビュー


今作もゲームシステムは同様に、物語を進めながら謎を解いてゆくといった
形のゲームで、基本操作等に変更はありません。

ただ、今作と前2作と大きく変更されているのが

謎の難易度が全体的に下げられている

といった点。

詳細なレビューは続きからどうぞφ(・。・ )



 



【難易度】

1作目、2作目に比べると、本編中の必須クリア問題の難易度が下がってます。
特にパズル系の問題が減ってます。
前2作は「箱入り娘」系のパズルや、チェスの駒を使ったパズルが難しくて、
かなり苦戦&詰まって放り投げた人もいたのでは?

実は私もレビューに書いた通り、1時間苦戦してやっと1問(操作の偶然で)
解けたってケースもあるぐらいでして(--;
時間旅行の発売が楽しみだった反面、またあのパズルやらなきゃならないのね…
って、少々尻込みしてました(苦笑
今回は、もちろん「箱入り娘」系パズルも存在してますが、本編中の出題
問題は難易度が低くなってるので、

適当に動かしてればそのうち正解します。

……なんてね。

そんな事しなくても、大丈夫。

今回はヒントが充実しているので、メダルを使ってヒントを見ればほとんどの
問題が解けるし、どうしても解けない人用にスペシャルヒントが設けられ、
ほぼ回答に近い内容を教えてくれます。
「不思議な町」の不満点だった

> 【気になった点その4】

> 終盤のパズル問題のヒント

> 箱入り娘系のパズルって、文面でヒントを書きたくても表現しにくいし、
> 正解手順そのもの書いたらヒントにもならないから、ヒント項目自体が不要
> だと思うんだけど。
> 限りあるヒントを表示させるメダルを使ってヒントを開いても
> 「これ以上のヒントを見るのはおすすめしない」
> なんて忠告文が表記されるだけなんて、ふざけてる(--
> そんな意地悪を表示するなら初めからヒント項目自体ロックしといてよorz


この部分が改善され、「○○を△△へ移動させる」など、具体的な方法を
ヒント内で教えてくれます。
メダルを使用するだけの価値のあるヒントが得られるので、どうしても
解らない謎は、素直にヒントを見ましょう。

メダルを消費するのがもったいない人は

「あとでとく」 → セーブ → 再度挑戦でヒントを見る

このヒントをどこかにメモったら、リセットしましょうw
せこいけど、メダル枚数キープの常套手段です。

難易度が下がった事によって「物足りない」と評する人をあちこちで
見かけますが、私個人はこのぐらいで丁度いいと思います。
難易度を上げると、謎を気軽に解いて楽しみたいといったユーザーは
離れてゆくからねぇ。

シューティングゲーや音ゲー、格ゲーが廃れていったのは、ユーザーに
飽きられただけでなく、難易度が上がりすぎて普通の人が手軽に
遊べるものではなくなったって側面があるのよね。
難易度を落として、ユーザーの間口を広げたって点で、多くの人に楽しんで
もらえるバランス設定は、歓迎です。

ただ、ひみつモードの問題まで難易度が下がってたのが残念。
ひみつモードは本編に関係ない部分なんで、ここは今まで通りの難しさで
よかったんじゃないかなぁφ(・。・ )


【物語、キャラクター】

10年後の世界といった題材に対して
「本当に10年後なの?」
って疑問が常に頭の中にあり、それを肯定する要素、疑問を抱かせる要素が
ゲーム中に交互に押し寄せてくる流れが秀逸でした。

伏線があちこちに張られていて、そこから真実を推理するのも楽しかったし、
うっかり騙される部分も散りばめられてます。

また、キャラクターの描写が今回素敵なものが多くて。
中でもチェルミー警部とドン・ポールはいい味でしてますわw

ドン・ポールは1作目ではステレオタイプの悪役で、2作目では出番の少なさから
影が薄かったんだけど、今作は意外なものに変装して登場するわ、天才的な
物を作り出すわ(実際天才だと思う)、

泣きながら走って川に落ちて
それでも川の中で泣きながら


「レイトーン! おぼえてろよぉぉぉ~~(ごぼぼ)」

と走り続ける姿が可愛いすぎ(*ノノ)キャ
終盤ではかなりおいしい役どころになっているので、1作目をプレイした
人は、是非その姿を見てくださいませ♪


【声優の演技】

正直、1作目・2作目共にルーク役の掘北真希さんの演技が( ´△`)アァー
だったんだけど、3作目は慣れた……げふげふ、上達ぶりに感心しました。

特にラストにプロモーションビデオの中に収められている、レイトンとお別れの
シーンがありまして。
その中で泣きそうになるルークを、レイトンは英国紳士は涙を見せないものだと
たしなめるのだけど

「ぼくはまだ英国紳士じゃありませんよ!
。゜゜(´□`。)°゜。ウワァァーン!!」


って泣き叫ぶシーンがありまして。
これ……素直に心に響きました。
少年らしい真っ直ぐな心が痛いほど伝わってきて、掘北さんを見直しました。

今回は声優さんの演技に( ´△`)アァーな顔になる事は、ほとんどなかったかな。
クレアも青年ルークも好感もてたし♪


てことで。
今回は100点満点中95点の評価ですφ(・。・ )

マイナスされた5点分の不満は下記の通り。


▲「おしゃべりオウム」の完成時期の遅さ

不思議な町では「ナゾのパーツ 」、悪魔の箱では「ハムスター」といった
ちょっとした収集系おたのしみツールを完成させると、ゲーム進行時に
隠された謎やメダルの場所を教えてくれる相棒を得る事が出来て、重宝してました。

今作も「おしゃべりオウム」がそれに該当する機能なんだけど、完成出来るのが
ゲーム進行の終盤なのよね。
1作目・2作目では中盤には完成出来て、新しいマップで発見の手助けして
もらえたのだけど、今作は終盤なんで活躍の場はほとんど無くて(--
使い勝手悪いとゆーか、居ても居てなくても変わらなかったです。

一応、全てを完成させなくてもお手伝いしてくれるんだけど、見つけてくれる
確率が低すぎてお話にならんかったし(ノ∀`) アチャー


▲ナゾリーヌの存在

見落とした・解くのを後回しにした謎が、ゲーム進行によって出題するNPCが
消失したりして挑戦不可能にならないように、そういった謎は一箇所に集め
られるといったシステムが1作目からあって。
そういった迷子の謎を管理してたのが、ナゾーバというおばあさん。

ただ、今作はナゾーバではなくナゾービーなる蜂と、ナゾリーヌという
少女が管理してるのだけど。
ナゾービーはともかく。
ナゾリーヌの存在が激しく鬱陶しいです(--

声を担当してるのが小倉優子さんってこともあって、ナゾリーヌの台詞が

「よろしくリ~ヌ、ぴょ~ん♪ ぴょん♪」

と、レイトンの世界ブチ壊しもののオンパレード(--

登場の仕方も最悪で。

人間語を話す虫を

「私、虫嫌いなんです~」

と言いながら、ハエ叩きで何度も叩き殺す残忍さ。


ドン引きした上に、上記のような台詞の数々で、げんなり。
迷子の謎を管理するのなんて誰でもいいんで、どう見ても

「事務所の力で小倉優子を無理矢理出しました」

って感じがひしひしと出てる異空間となってます。
ゲーム制作もビジネスだからしゃーないんだろうけど、世界観ぶち壊すような
ものは入れて欲しくなかったのが本音ですわ。


以上2点が、今回の不満でした(  ̄- ̄)

謎あり、笑いあり、ロマンスあり、涙あり。
手軽に楽しめるゲームとしても面白かったので、興味のある方は是非
プレイしてみてくださいませ(^ヮ^)b

ちなみに1作目、2作目をプレイしてなくても楽しめます。
前後の話が気になる人は1作目の「不思議な町」をプレイしておくといいかも。
2作目の「悪魔の箱」は、ほとんど接点が無いのでプレイしなくてもOKです。




以下ネタバレ全開感想につき、反転表示。

※物語の核心部分、ラストの展開についても綴ってますので、読む場合は
※自己責任でお願いします。





とりあえず。





首相を逮捕したかった!!

あの流れじゃ仕方ないのは解ってるけど、でも、スッキリしない!
「汚らわしい犯罪者」って、テメー自身が犯罪者だろーが!
ひっ捕らえられるのはお前の方だーーっ!!
と、中の人はDSの前で叫んでました(--;
真実を知るチェルミー警部の厭味が素敵だったけど(*ノノ)キャ


地下空洞世界に関しては、ちょっと現実味が薄いかなぁ。
遺産相続してから5年。
たった5年であそこまで大きな街を作って、兵器やタイムマシン作成研究所まで
完備させるのは、いくら莫大な財産を相続しても、物理的に無理でしょ(--;
その辺はファンタジーだと割り切ってしまったけど、年数が少なすぎて現実味が
薄いのが残念でした。

まぁ、10年ではなく20年にしちゃうと、他のエピソードの辻褄が合わなくなるし、
レイトン自身の年齢を上げなきゃならなくなるから、これも仕方ないかぁ。


サリアス=クレアってのは予想通りだったけど、最後、自分が死ぬと解っている
過去の世界に戻るとは思わなかったわ(;△;)
考えてみると怖いよね。

実験中に10年後の世界に飛ばされて。
10年後の世界で、自分はその事故で死亡したのだと解った時、どう思っただろう。
恋人のレイトンが、自分が亡くなった10年後も、変わらず愛を告げてるのに
その場に留まる方法を見つけ出せず、自らの意思で死ぬと解ってる10年前の
世界に戻る時の心境って。
怖いとか、悲しいとか、そんな言葉で言い現せない気持ちだったんだろうなって。
ラストのムービーを見ながら、ボロボロと泣いてました。

10年間、亡くなったクレアを思い続けてたレイトンも、切なかった。
アロマが成長して、レイトンの心を動かせるレディになれたらと、
願ってしまいました。

いやむしろ。
ルークがお嫁さ……げふげふ。
(念のため、私はBL苦手です)


関連記事

テーマ : レイトン教授と最後の時間旅行 - ジャンル : ゲーム

15:30  |  ゲームレビュー  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008年12月05日(金) 20:10 |  【コメント編集】

鍵コメさま>

はじめまして(^ヮ^)ノ
レイトンシリーズは確かに声優は豪華ですけど、それだけで
人気を得てるソフトではないと思いますよ~。
ゲームとしての面白さと手軽さ、声優さんの豪華さの相乗効果で
成り立っているゲームだと思います。

時間旅行で最後なのかなぁ。
携帯ではシリーズの新作をリリースしてるようですし、まだ
続くような気もします。
今後のレベル5の動きが気になりますね。

コメントありがとうございました♪

葉佩伽耶 |  2008年12月08日(月) 11:45 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://sakurayukimau.blog96.fc2.com/tb.php/335-955b958d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー(月別)

プロフィール

Myキャラ紹介

最近の記事

記事のカテゴリ

最新コメント

最近のトラックバック

アクセス・反応の多い記事

ブログ内検索

カウンター

リンク

著作権etc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。