スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.03.31 (Tue)

6回分の春夏秋冬

【6年間の楽しかった日々】



こんにちは、葉佩伽耶です。

3月31日。
日本では年度のおしまい日ですね。
学生も社会人も明日から肩書きが変わる人が多いのではないでしょうか。

我が家も今日は、一人息子の最後の保育園登園日です。
既に卒園式を済ませてますが、保育園には長期休暇なんて無いんで、今日まで
普段通りに登園してきました。

それも、今日でおしまい。

6年間、いろんなことあったなぁ……って、ちょっと感傷に浸ってたりします。
卒園する当人はケロリとしてるんですけどね(苦笑

初めての子育てってのもあって、本当に、いろいろありました。



 

【春】
illust563_thumb.jpg


1年間の育児休暇が終わり。
オムツをした大きなお尻を振りながら、よちよち歩いていた1歳になったばかりの
息子を保育園に預けることになって。
初めは1時間、次の日は2時間、次の日は半日……と、徐々に預ける時間を
増やして様子を見ていたのだけど。
丸1日預ける頃には

「ここはママと離れなきゃならない場所だ!」

って察知したらしく、保育園の門をくぐり抜けた時点で大泣き。
泣きながら私にしがみつていた手をほどいて、保育士に預けてもイヤイヤして、
私の後を追いかけててきて、転んで更に大泣きして。
帰りにお迎えにいけば、やっぱり泣いてしがみついてきて。
息子にこんな思いさせるなら仕事辞めようかと、本気で悩んでいた時期でした。

慣れるまでの2週間~1ヶ月間、私も息子も共に辛かったね。
寂しかったね。
毎年春が訪れ、白木蓮が咲く頃になると、その頃の必死でしがみついていた
息子の手を思い出します。




【夏】
illust1188_thumb.gif

夏はね、保育園のような集団生活の場で、しかも免疫なんざもってない
幼児の集まりの場では、感染しやすい病気のオンパレードになるのよね。
ほぼ毎日どこかの組で「○○にかかったお子さんがでました」の張り紙が
貼られてました(苦笑

麻疹、風疹、水疱瘡、ヘルパンギーナ、手足口病、溶連菌感染症etc
息子も夏におたふく風邪を2回もかかりました。
普通1回かかれば免疫が出来て2度とかからないのに、男の子は反復性の
おたふく風邪ってのがあるなんて知らなかったし。

自分が子供の頃にかかった病気なんてほとんど覚えてなかったんで、
どんな病気があって、予防接種のスケジュールはいつなのかと、
いろいろ学びました。

んで。
6年間、息子は一度もかからなかった手足口病(口内や指先に赤い発心が出る)、
何故か

大の大人の私と旦那がかかったっけ(ノ∀`) アチャー

保育園の送り迎えの時点で、大人にも感染するといった落とし穴でした。



【秋】
illust441_thumb.gif

息子の4歳の秋を、私はほとんど見ていません。

当時、仕事が詰まりに詰まって、保育園の送迎も帰宅後の息子の世話も
手が回らない状態になってました。
それまでも、そんな風に仕事が詰まったことが何度もあり、その度遠方の私の
実家に1~2週間預けるといった手段を使ってました。
ところが、このときは、結果的に

3ヶ月もの長期間、預けていたのです。

3ヶ月=1シーズン。
ずっと離れ離れでした。

私の仕事進行は芳しくなく、9時半から23時過ぎまで毎日働き、休日も全て出勤、
徹夜した日もありました。
そんな中、息子を預けていた実家では母が入院することになったのです。
息子は私に

「おばあちゃんが戻ってくるまで、おじいちゃんが一人ぼっち
だから、ぼく、ここにいる」


と電話で告げました。
入院している母を見舞いに行って励まし、家で慣れない家事をする父を励まし、
電話口では私を励まし──

辛く長かった3ヶ月間。
誰より頑張ったのは、4歳の息子でした。

その後、3ヶ月ぶりに会えた息子は、一回りも二回りも大きくなっていました。



【冬】
illust430_thumb.gif

年度末になると、保育士と保護者の個人面談や、保育参観などがありまして。
0歳~2歳の乳幼児クラスの頃の保育参観は

保護者の姿が幼児から見えるのはNG

といった都合上、マジックミラーや、展示物の物陰から参観しました(苦笑
とゆーのも、保育園で普段どんな様子で過ごしているかを参観するのが
目的なんで、0歳~2歳の赤ちゃんだと、母親の姿を見ちゃったら駆け寄って
母親にべったりくっついちゃうんで、普段の様子が見れないんですよね。
なので、保護者は子供から見えないようにして参観するのです。

初めての0歳児クラス参観では、窓に貼ってあるお面に隠れて息子の
様子を見てたのだけど、なんつーか、

子供劇の雨粒の役

ってな心境でしたわ( ´△`)
私は無機物、ここには居ないのよ! ってな感じで、出来るだけ気配を殺して
寒い廊下から見てましたから(苦笑

後に3歳以上になると、保護者も一緒に散歩に行ったり、ドッヂボールや
鬼ごっこをしたりと、参観の内容自体も変わります。
成長に合わせたスタイル・カリキュラムに毎年考えさせられました。





そんな風に過ごしてきた6回の四季。

息子がここまで成長したのも、保育園の助力があってこそです。
6年間、本当にありがとうございました。

また、何かある度に頼ってばかりだった実家の父母。
子育ての半分を担ってくれた旦那に、多大なる感謝を。


明日からはいよいよ小学生の息子。
親としては成長の早さがちょっぴり寂しいけど、どんな小学校生活を送るのか
楽しみに見届けたいと思います。

では、また。


【おまけ】

息子 : 「ねーねーママー、ぼくのお尻光ってる?」
私 : 「……光ってないぞ? 蛍ごっこでもしてるの?」
息子 : 「違うよ、お尻って筋肉で出来てるんでしょ?」
私 : 「うん」

息子 : 「筋肉って、(色)ののことでしょ?」

私 : 「……へ?」
息子 : 「なら金でキラキラなお尻ってことだよね~!」
私 : 「ちっがーうっ!!」



関連記事

テーマ : 保育園児日記 - ジャンル : 育児

15:18  |  子供の成長  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

★はじめまして

はじめまして。
肝鯖のギロチンと申します。
いつもマビブログ拝見させてもらってます。マビ始めて三ヶ月の新参ですが…w

ウチと同い年のお子さんいらっしゃるんですねーw
もうすぐ一年生の長男と、トイレトレーニング中盤の2歳の長女がいますよw

と、堪らずコメントいたしました。またヨロです
ノノ
ギロチンD |  2009年04月01日(水) 22:08 | URL 【コメント編集】

ギロチンDさん>

はじめまして&いらっしゃいませ~(^ヮ^)ノ

私の綴るマビブログは、しょーもない話しかないので、マビ生活において
全く参考にならないこと請け合いですが(何)、懲りずにお付き合いして
いただけると嬉しいです♪

同じ歳のお子さん、しかも同じ男の子なのですね!
生意気盛り、やんちゃ盛りで可愛いですよ(*´ェ` )(´ェ`*)ネー
お互い子供の成長を楽しみにしつつ、マビでも楽しみましょうね♪
葉佩伽耶 |  2009年04月02日(木) 15:34 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://sakurayukimau.blog96.fc2.com/tb.php/435-4e1bb1b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー(月別)

プロフィール

Myキャラ紹介

最近の記事

記事のカテゴリ

最新コメント

最近のトラックバック

アクセス・反応の多い記事

ブログ内検索

カウンター

リンク

著作権etc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。