スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.06.29 (Mon)

「有罪×無罪」感想・レビュー



《公式サイト》
「有罪×無罪」


こんにちは、葉佩伽耶です。
体調不良で伏せっている中、ちょこちょこと進めていたDSゲーム「有罪×無罪」を
クリアしました♪

プレイヤーは裁判員の一人として、証拠・証言などから疑問に思ったことを
尋問し、公判後は裁判官や他の裁判員たちと評議を行い、有罪か無罪かを
決定するといった流れのゲームです。

全部で4話あり、操作やゲームの流れを掴むのに手間取ったってのもあって、
私は各話10時間前後要しました(--;
(最終話のみ12時間)
それだけボリュームのあるゲームです。

上にリンクした公式ページに体験版がありますので、興味がありましたら、是非
プレイしてみてくださいませ(^ヮ^)b

さて。
以下は私のプレした感想&レビューです。


※ネタバレ部分は最後に反転表示で書かれています



 





【良かった点】

・リアル感&臨場感
本物の裁判・裁判員の流れがこの通りなのか判らないけど、裁判の流れは
とてもリアルで、こんな風に進められるんだと感心しました

・キャラクター
毎回入れ替わる裁判員や証人も含め、キャラが立っている。
どのキャラも、その辺に居そうな人物ばかりで、逆にリアル感があって良かったです

・事件の流れに対する無理の無さ
トリックを見破るのが主な目的の推理ものにありがちな無茶苦茶なトリック等は
存在せず、本当に日常に起こりうる事件を扱っていることも好印象でした。
正直、自分もちゃんと調理時の火の扱いや、車の運転に関する認識を
改めなきゃって思ったし。

・ゲーム性
単なる裁判の流れを学びましょうってだけでなく、裁判官との評議でちょっとした
推理要素のあるゲーム性もあります。
その辺が、ゲーム進行の飽きさせないポイントになってて、最後までいっきに
プレイしてしまいました。

・シナリオの良さ
キャラクターともかぶるのだけど、シナリオやキャラ背景がしっかり作られている
為、何を見ればいいのか、何を確認すればいいのか、何に注目すればよいのか
など、本来複雑になりがちな部分がキャラやエピソードの印象、見せ方が強く、
すんなり進められました。


【不満点】

・セーブデータが1つしか作れない
各話の最後に「真相解明度」ってのがパーセンテージで表示されます。
何らかの証拠・証言から重要な手がかりを得られず、真相を解明出来なかった
場合は、もちろん100%になりません。
幸い私は全て100%でクリア出来ましたが、もし100%じゃなかった場合、
何が問題だったか心当たりのある場所からスタートするなど、セーブを分けさせて
欲しかったです。

・全てが客観的
裁判員制度自体、1度請け負ったら5年間は裁判員に選ばれないといった
ルールがある以上、せっかく馴染んだ他の裁判員キャラも、次の話になると
全て一新されてしまい、毎回「新しいゲームのスタート」といった感じを
覚え、導入時に慣れるまでの疲れを感じましたorz
もちろん、自分のキャラも毎回名前・性別の変更が可能です。
それゆえ、本当に客観的すぎて、自分がその場にいるキャラだって実感が
薄くなることがありました。

・一部検察側の立証があり得ない程おそまつ
これに関しては下記のネタバレ感想の方で明記します。


【総評】

推理のみを求める人には、多分物足りないと思います。
ただ、「裁判員」として裁判の流れを感じ、そこから判断することが
楽しい、やってみたいと思った人は買いではないでしょうか。
とりあえず体験版をプレイしてみて、おもしろそうと思った人は、ハズレない
と思います。

私は不満点分を差し引いて、100点満点中85点です。
プレイして楽しかったし満足です♪

最後に、このゲームをプレイして。

──社会の中に隠れている無数の罪。
それらが明るみに出て、全てが公平に裁かれるなんて夢物語に近いですが、
そういった社会になることを願ってやみません。






【以下、ネタバレ満載の感想・不満点】

※ゲーム内容のネタバレ、結末を多大に含んでいます。
※反転表示で記述してますが、まだ見たくない人はこの時点で読むのを
STOPしてくださいませ。





不満点は、第二話「大学教授保険金殺人事件」。

夫が死んだ場合の死亡受け取り時の金額が100万円しかなく、妻の
借金も100万円。
ただし、妻の借金は度重なるカードローンによるもので、サラ金からなどでは
なく、ボーナスから返済も可能な範囲。
こんな状況なのに、何で

「保険金殺人事件」?

また、カード明細にやたら外科医への通院費があった事や、被告人のメモ帳に
書かれていた電話番号をちゃんと調べたのなら、被告人が家庭内暴力を
受けていたって推測は安易に出来るのでは?

こんな素人でも簡単に判断出来る内容を、検察側が見落としてるなんて、
お粗末すぎて涙が出ましたわ(--;
もちろん、そこを推理させる為のゲームなのは理解してるけど、他の話では
ここまで検察はマヌケじゃなかった分、二話の粗のひどさは目立ちました。



そして、第四話「学院理事一家連続殺人事件」

この話の結末は賛否両論ですね。
100%真相に辿り着いた人なら解ると思いますが、最後の最後にどんでん返しが
仕組まれています。
このどんでん返しをどう捉えるかは人それぞれでしょうが……

私は正直、寒気がしました。

自分で忘れないように事の真相を簡略に書くと。


教師と教え子である女生徒との禁断の恋。
その恋が世間に知れれば、教師は身の破滅。

そんな状況に、教師に恋する──つーか、むしろストーカーな保健医がそそのかし、
二人を別れさせる。

別れを告げられた女生徒は、その夜、学校内のクリスマスツリーの電飾を使って
首吊り自殺をはかる。
自殺の原因は学校の裏サイトの中傷によるものだと報じられ、唯一の肉親を
失った兄が、度々学校に対して怒りをぶつける。

その3ヵ月後、教師と保健医は結婚。
だが、教師は死んだ教え子が忘れらない。
保健医は教師を異常なほど愛し、教え子との恋を知っている者として弱みを
握っているゆえに、結婚後も夫を言いなりにする。

そんな妻との暮らしに精神的にも限界になった教師は、理事長である父親に妻と
別れたいと、今まで隠してきた教え子との恋のことも、全て話す。
父親は全て察していたようで、妻側に手切れ金を渡して離婚させようとした。

……が。

ストーカーと称されるほど執着心を持つ妻が離婚に応じるわけが無い。
自分と夫の仲を邪魔するものは排除する。
そう──離婚と手切れ金の話を切り出した義父を、殴り殺した。

その日。
自殺した女生徒の兄は、自殺の原因が裏サイトの中傷ではなく(それも
あるのだけど、その中傷自体も、このストーカー保健医のものだった)
禁断の恋の相手の教師と、その妻であることを知り、教師夫妻を殺害しに
理事長宅を訪問。
出てきたのは、理事長を殺したばかりの妻の方のみ。
妻は応接間に女生徒の兄を通すと、理事長殺害を知られないよう、同じ
鈍器で女生徒の兄を殺害しようとするが避けられ、もみ合った末、兄は応接間の
クリスマスツリーの電飾で女を絞殺。
この時、夫である教師は外出(女子生徒の墓参り)していたので、難を
免れた。


それが、本筋のお話。


が。
真相が明るみになり、公判が終わり、裁判所を出たところでプレイヤーキャラに
教師である男に呼び止められ
「妻は自業自得です。自分がしたことと同じことをされて死んだのですから」
と、ストーカーだった妻への愛情なんて欠片もない言葉。
逆に、
「これでずっと彼女と一緒にいられる」と
嬉しげに、自殺した女生徒の遺髪を取り出して見せてくれる。
「僕は今も昔も、彼女を抱きしめていることしかできないから」
と言いながら、去ってゆくのだけど……。


何故、彼が女生徒の遺髪を持っている?


学校のせいで死んでしまい、学校を恨んでいた兄が、学校の関係者に遺髪を
分けるわけが無い。
では?
遺髪は死体発見前でないと入手出来ない。


「妻は自業自得です。自分がしたことと同じことをされて死んだのですから」
「僕は今も昔も、彼女を抱きしめていることしかできないから」


つまり。
女生徒は自殺ではなく、この教師が抱きしめて身動きできない状態にし、
ストーカー女がクリスマスの電飾を使って絞殺した……。
って、こと……?


この瞬間、寒気がしました。
この教師、って人物に。


自分の立場の為に愛する人を殺す手伝いをし
自分の愛する人を殺した女を妻にし
それに対して……罪の意識、全くないんじゃないか?
とゆーか、この男

人の命の重み、まったく解ってないんじゃないか?


捕まって起訴された場合、殺人罪にあたるんだろうか。
それとも殺人幇助?
それって罪、軽くないかなぁ……。
こんな馬鹿男に惚れたのが運のつきとはいえ、亡くなった女生徒や残された
お兄さんが可哀想すぎる……。

そんな、衝撃の終わり方でした。

その後、後から来た裁判官たちがプレイヤーと教師の話しているの様子が
おかしいことに気づき、自分で動かず、今見たもの・聞いた事を検察側に
話してください。
彼の罪は、法で裁くと幕引き。
彼の処罰・今後はプレイヤーの「想像に委ねられ、終わりました。


すっきりしない!
といった考えももちろん同意しますが、私は逆にこの終わり方ゆえに、
このゲームの印象が強く残りました。
プレイヤーに「考えさせる」といった終わり方として、これはこれでありだと
思います。

私も考え、そして、怖かった。
命の重みなんて全く理解してない、純粋で脆く弱いこの教師に、怒りと
哀れみを抱きました。

こんな風に隠れている罪も、世の中にはたくさんあるんだろうな……。

彼が起訴され、罪を償ったとき、自分がしたこと、自分を取り巻く者たちの
慟哭が理解出来るような人間になっていることを願います……。




関連記事

テーマ : ニンテンドーDS - ジャンル : ゲーム

12:39  |  ゲームレビュー  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

誤字と誤爆は文化なり!
う~ん内容は興味津津なおじさんなのですが、DSがない><
と、これがコメントか?な内容ですが
ミ【逃】
萩原おじさん |  2009年06月29日(月) 12:57 | URL 【コメント編集】

★Re: タイトルなし

おじさんさん>

度々誤字の指摘をさせてしまい、また、誤字等多いブログ記事を投稿してしまい、
申し訳ございません。
出来る限り誤字・誤記を失くす様、努力いたします。
葉佩伽耶 |  2009年06月29日(月) 13:58 | URL 【コメント編集】

★DSと言えば

ポケモン空の探検隊とマリオパーティーぐらいしか無いギロチン家ですが、何か?w

さっき、息子&嫁では攻略できなかったポケモンのダンジョンを俺がクリアしてやりました。息子の尊敬の眼差しw

そらアンタ、ゲーム歴がちがうがな、とw
こちとら初代ファミコンはおろか、ゲームウォッチとかLSIゲームとかやってんねん、息子よ、オマエぐらいの時にはw


とか言ってる俺、今日で三十バキューン歳になりましたw

べ、別にお祝いなんかいらないんだからねっw
ギロチン |  2009年06月29日(月) 21:47 | URL 【コメント編集】

ギロチンさん>

ポケモンのダンジョンは、現在うちの息子がせっせと
プレイ中ですw
私や旦那に何も聞かず、ラストダンジョンっぽい
ところにきたとかなんとか。

私も旦那もゲーマーなんで、血は争えない葉佩家ですw


そして、「老いた」まであと(ぴー)年、
おめでと~(^ヮ^)ノ(邪笑
葉佩伽耶 |  2009年06月30日(火) 13:19 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://sakurayukimau.blog96.fc2.com/tb.php/497-4fd69d6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー(月別)

プロフィール

Myキャラ紹介

最近の記事

記事のカテゴリ

最新コメント

最近のトラックバック

アクセス・反応の多い記事

ブログ内検索

カウンター

リンク

著作権etc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。