スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.04.20 (Tue)

息子が生まれた日

【産んでから1時間経ってない時の写真】

baby.jpg

ぐーすか眠ってる息子の前で、点滴しながらピースしてるのは私の手w


こんにちは、ブログが3日以上更新が無い(レスも無い)と黄色信号、1週間以上
更新が無いと赤信号な中の人、葉佩伽耶です(謎

いろいろリアルで忙しくて、疲れが溜まってたらしく。
昨夜は息子と一緒に21時に寝ちゃったとゆー、生活を送ってます(--;
まぁ、夜中の2時に目が覚めて、メッセンジャー立ち上げたら相棒がいて、思わず

「【瓜畑】´ヮ`)ノおはよー」

と挨拶して、ビビらせたけどね!

MMOにINしてない場合でも、メッセンジャー(MSのライブメッセンジャー)は
立ち上げていることが多いので、もし私と連絡取りたいとゆー奇特な方が
いましたら、左側の「メールはこちら」から、メッセンジャーIDと私が判る
ハンドル名を書いて送信してくださいませφ(・。・ )

ただし、
ゲーム内やブログ上で繋がりのある・あった人に限らせていただきます。
(私自身が既に引退したゲーム内で交流があったって方はOKです)
いきなり見知らぬ方に申請されると、ツイッターのような呟き系は構わないけど、
メッセンジャーの場合は対話メインになるので、恥ずかしいし(*ノノ)キャッ


と、話がそれた。

もう過ぎちゃったのだけど、息子が8歳になりました(^ヮ^)ノ

おめっと~息子よ!☆-(ノ´ヮ`)八(´ヮ` )ノイエーイ



今日は、その息子を産んだときのお話ですφ(・。・ )


※注意:
なるたけ直接的な描写や、出産経験の無い方に恐怖感を植え付けるような
描写は抑えてますが、それでもやっぱり、痛いものは痛いんです(--;
なので、まだその辺は知りたくない! その手の話は読みたくない!って方は
ここで閲覧をストップしてくださいませ。




 












結婚後、旦那とマンションで二人暮らしだったんで、出産の後のケアとかが
不安だったのもあり、産休に入って翌日に、私は自分の実家へ里帰り。
旦那と離れるのが寂しいと駄々をこねつつ、頑張って産んでやる! と意気込んでた
頃でした。

さて。
里帰りした後は、事前に分娩を予約した病院に定期健診に通いだしまして。

「赤ちゃん、大きいですね~……」

と、苦笑まじりで医師がお腹の中の赤ちゃんのチェックをしながら呟いて、ざっと
計算すると、妊娠9ヶ月(臨月は10ヶ月)の段階で、予想体重が3500gを
超えちゃったんですよね。
頭の大きさから体重を予測するんで、頭の大きな赤ちゃんは、予想より少ない
体重で生まれる場合があるんで、これはあくまでも予想だと念をおされたけど、
臨月に入ると

「赤ちゃん、4000g超えましたね……」

ひぃぃぃぃ!
初産でそんなに大きな赤ちゃん産むんか、私!?
と、さすがに冷や汗かいたよ!

もうこれ以上大きくならんでいい!
お腹の中はそろそろ狭いだろーから、とっとと出てこーい! と、自分勝手な
願いをお腹の赤ちゃんに向かって叫ぶ、アホウなプレママでした。

実は9ヶ月まで息子、逆子(本来は頭が下なんだけど、頭が上、足が下な状態で
お腹の中にいることを逆子と言います。このままで産むと、途中で手が突っか
かったり、へその緒が首に絡んで赤ちゃんが窒息するといったリスクがあるんで、
臨月になるまでに直らなかったら帝王切開手術で産むといった、選択肢が
でます)だったんで、直接膀胱付近とか蹴られて、痛かったわ、本当に。

しかも、その膀胱も赤ちゃんに圧迫されてるから、トイレが自然と近くなってね。
(お食事中の方、すみません)
実家に帰った後、夜、2度ぐらいトイレで目覚めてました。

んで、臨月付近って、もう、お腹重くてね。
仰向けで寝るとお腹が苦しくて寝られない。
間違ってもうつ伏せなんて出来ない。
この頃の妊婦さんって、横寝以外出来ないんだよね。
私はもともとうつ伏せ寝派だったんで、妊娠初期からうつ伏せ寝厳禁
だったんで、フラストレーション溜まる溜まる。
仕方なく、横寝を続けてたんで、臨月間近になっても、そんなに苦しくは
なかったのは幸いでした。




さてさて。


息子が生まれる前日のお昼前。

私はといえば、お炬燵の中でぬくぬくうとうととしてたの。
4月とはいえ、私の実家は雪国&山裾なんで寒かったしね。
んで、目が覚めて、上半身を起こそうとした途端、

ぱんっ!

と、お腹の中で、水風船が割れたような感触がして。
え? え? 何?
と、恐る恐るお腹をさすってみても、痛くない。
んん~?
と訝しがりながらも、立ち上がると

ざぁぁぁぁぁ

え!?
ええええぇぇぇぇ!?

足元に水溜りが出来るほどの水が、私の足元から流れ出てる!
何? これ、何なの!?
と、半ばパニックになってたけど、心当たりが一つあった!

破水だ!

赤ちゃんは子宮の中の羊水の中で守られ、生活してまして。
ふよふよと漂いながら、周りからの衝撃を吸収し、羊水を飲んだり排泄したりと
生まれる準備をしてるそうだ。
んで、お医者さまから

『羊水が無くなったら、お腹の中に細菌が入りやすくなるから
破水したら36時間以内に出産ね』

って言われてたことを思い出し。

「お、お、おかーさーん、破水したーーー!!!!!」

と、店番中だった母を呼び、手際のいい母はその声を聞いて多数のタオルや
バスタオルを持ってきて、陣痛の有無を聞いたり、病院に連絡なさい、
お父さんが車出してくれるから、それまでに入院用に準備してたバッグ、
持って、外に来なさいなど、テキパキ指示をしてくれて。
言うがままに、あれやこれやと動いて。
その合間に、旦那に電話入れて。

私「旦那よ! 破水したー! これから病院行って産んでくるー!」
旦那「ちょっ、何ー!? これから外せない客先の打ち合わせが……、それ
終わったら、即効でそっちに行くから頑張れ!」

とまぁ、ちょうど会社勤務中に電話かけてしまったんで、いろいろ周囲への
説明が大変だった(とっとと帰るんだ! 嫌でも、あの客先は外せないだろ!
とかね)ようだけど。


んで。
私はといえば、破水して、足元からぼたぼたと水が出てるのは気持ち悪かった
程度で、陣痛はまだ来なくて。
病院について、診察してもらって、陣痛促進剤使って産みましょうって話に
なったのが、お昼過ぎ。
分娩準備室(陣痛室)という名の、一般病室のような場所に案内され、
そこで分娩状態になるまで横になって待機ってことになったのです。






この日。
分娩準備室って、6ベッドあったんだけど、私含めて4つのベッドが埋まってて。
後にもう一人やってきて。
妙に出産ラッシュだったようです。
ちなみに、満月でも新月でもなかったんだけどね。
(よく満月や新月は子供が産まれやすいって言われるけど、はて?)

お昼ごはんは、ちょうど1週間に1度のスペシャルメニューだったらしく、
手毬寿司だったのだけど……。
な、生ものを食べれるような気分ではなく、卵焼きとかつついて、終了……。

「少しでも食べないと、分娩の時に力出ないですよ~?」

と、看護師さんに注意されたけど、ムカムカとゆーか、気持ち悪くなってる
お腹に、生魚を胃に入れたら確実に吐きそうと言って辞退しました。
看護師さんは納得してくれたらしく、普通の日のご飯だったら良かったのにね、
と言ってくれたけど、この時ほど普通の白いご飯が恋しかったことはなかった
ですよ……うううぅぅ。


んで。
しばらくして、陣痛促進剤を何回かに分けて注射され。
その後、ええと……その……お食事の方、本当にごめんなさい!
浣○して、腸内のもの出しつくしました。
いや、あの、その、やっぱね。
出産時にいきむと、アレが一緒に出ちゃう事があるんだって。
だから、まだ陣痛が起きてないうちに、そっちを出しておこうってわけ。
また。
お医者様は別にアレと一緒に出てもかまわないけど、それを気にして充分
いきめない産婦さんっているらしくて。
ここでスッキリしとくってわけなのですよ。


さて。
隣のベッドで苦しそうにしている産婦さんたちが、一人、また一人と分娩室に
向かってゆく中、私はといえば。
17時過ぎぐらいにやっと陣痛らしきものがおき始め、18時には痛みの波が
き始めて。
ちょうどこの頃、旦那が実家近くの駅についたって連絡が入り、ずっと付き添って
いてくれた母が、旦那を迎えに行って来るねといって、準備室から去ろうと
したとき

「行かないで! 一人にしないでー!」

って、年甲斐もなく、母にすがりつきました。
それぐらい、初めての痛みと不安で、混乱してたの。
病院と駅は歩いて5分もかからない位置にあるというのに。
それでも、一人になりたくなかった。
痛くて痛くてたまらなくて。
怖くて心細くて辛くって。
たった5分が永遠に続くような気さえしたの。
旦那と母が準備室にやってきたとき、心から安堵したっけ。


人間って、痛みを感じると無意識に体を力んで硬くしちゃうよね。
実は出産時は、あれ、やっちゃいけないのだ。
よく「ヒッヒッフー」とか呼吸法を聞くけど、あれは体の力を抜くためのもの。

ちなみに、準備室で、産婦さんが呼吸法をしてるのはいいんだけど、傍の
旦那さんがこの呼吸法を一緒にやってるのが、

かなり鬱陶しかったです

ごめんなさい、出産前って、本当に妊婦は気が立っちゃうんです。
男の人がやっても仕方ないのに、気持ち悪い声で、近くで呼吸法しないで!
あんたがする事じゃないでしょ!?
って、何度叫びたかったか!
今思えば、奥さんを心配しての些細なことなのに、気が立ってた私はその産婦
さんが分娩室に移動するまで、苛々してましたわ。

んで。
苛々して痛みを反らす呼吸法無視してたもんだから、22時前の医師の診察時に

「こんなに入り口むくませて、どうするの! 力を抜いてって言ったでしょ!」

と、怒られたっけ……。

体を硬くして力んじゃうと、赤ちゃんが出てくるところがちゃんと開かず、
むくんでしまうんだそうで……。
こんな調子じゃ今日は赤ちゃん、出てこないね、と言われ、この痛みを朝まで
ずっと耐えなきゃいけないのかと、自分勝手な理由で泣きたくなったです。
赤ちゃんだって必死に出ようと頑張って、同じぐらい、ううん、もっと痛く、
辛かったはずなのに。






その後は、必死で力まないよう、痛みの波が来たときには息を吐き、吐いても
辛くて仕方が無かったときは

「痛いよーーー! もう、お腹かっさばいて、出してー!」

とか、恥ずかしくも叫んでました。
周りの方々、痛みに弱い妊婦で、うるさくしてすみませんでした。


そんな事を続けていると、さすがに体力も限界になったのか。
痛みの波が引いた時、猛烈に眠くなっちゃったんですよね。
もう、その時、既に23時を回ってて。
思わず看護婦さんに

「ものすごく眠いんで眠ってもいいですか? この陣痛でおきちゃうかも
しれないんですが、眠いんです」

と言ったら、睡眠薬を処方してくださいまして。
それを飲んで少し休んだほうが、明日の出産が楽になりますよ、と言ってくれ
たのだけど、母は

「妊婦が出産間際に睡眠薬飲んで寝る~! なんて、初耳だわ」

と、呆れてました。

が。
その薬を飲んだ安堵感と、体の力の緩みが功をなしたのか。
陣痛がひどくなる一方で、痛みがおさまる時間が少ない少ない。
もう耐えられない! と思ってナースコールをして、チェックしてもらった
ところ

「医師を呼びます。頭見えてます。分娩室に移りましょう」

えええぇ!?
疲れて寝ようと思ったのに!
と、とことん自分本位の中の人。
この時点で、0時前。

このとき。
旦那は私への差し入れで父が母に持たせた寿司折(だーかーらー、私は
生もの食えないん状態だったんだってばー!)をロビーで食べて、

「トロうまー!」

とご満悦状態だったそうだ……くっ! 男はいいよな!
んで、喫煙室で食後の一服してたそーだ。
でも、そんな時間まで晩御飯も食べずにずっと付き添ってくれてたんだよね。
仕事の折り合いつけて、何本も電車を乗り継いで、都内から山国まですっ飛んで
来てくれたんだよね。
ありがとう。

私が分娩室に移ったってことを知らせるべく、母が旦那を呼び行き、二人とも
分娩室の前で待つことになり。
(立会い出産は私も旦那も望まなかったんで)


私はといえば分娩台の上で、と~っても不謹慎だけど

「ああ、やっと力めるのね!」

と、大喜びしてましたわ。
だって! それまで痛くても力むな! 力抜け! ばかりで、かな~り
ストレス溜まってたんだもん!

んで。
深夜なのに、医師&助産師さんたちがわらわらやって来て。

「おやまぁ、今日は絶対無理だと思ってたのに、よくここまで開きましたねぇ」

と、半ば呆れ声の医師。
ええい、こんな痛いの、とっとと終わらせたい一心で頑張ったんだい!
と、最後まで自分本位の妊婦な私。

「はい、力んでください~」

と医師に言われて、もう、嬉しくて嬉しくて!
力みましたとも!


……お恥ずかしい話ですが。

2~3回ほど力んだら、産まれちゃいました、息子。

いやー、分娩台に上がった後のスピーディさは、今までの陣痛との戦いは
何だったんだ!?って言いたくなるぐらいの速さでして。
力み禁止が解けたのが余程嬉しかったのね、私……。


産湯に浸かったあと、元気に泣くわが息子。
胸の上に赤ちゃんを置いてもらって。
ぎゃあぎゃあと真っ赤な顔で泣く猿猿っとしたわが子を見て。

ああ、やっと会えたね。

素直に、そう、思えて。
嬉しかったな、本当に。

もう決めてあった息子の名を呼んで。

「生まれてきてくれて、ありがとう」

と告げて、赤ちゃんは分娩室の外で待ってた旦那の元へつれてかれ
私は後産と、その他もろもろの処置をしてもらいました。

深夜だっていうのに、駆けつけてくれた医師や助産師さんに、感謝。
まぁ、しっかり深夜料金取られたけどさ。
興奮しちゃったせいか、結局朝ごはんが来るころまで眠れず、少しでも
食べようと上半身起こしたら、貧血起こしてぶっ倒れたアホウの私。

約3800gといった大きな息子。
破水後に測った体重-出産後に測った体重=8kg
破水した羊水含めば9kgかな、一晩で減った体重。

女の体ってすごいよなぁ。
と、自分で、そう思いましたわ。




あれから、もう8年。
小学校2年生のわんぱく坊主に育ちました。

それでも、まだ、忘れてないもんですね。
生まれる時のこと、その後の8年間のこと。
たくさんの幸せをありがとう。

すくすくと育てよ!


関連記事

テーマ : 初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル : 育児

11:27  |  子供の成長  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

息子くん、おめでとうです。
うちは早生まれだから、先月やっと7歳になったばかりだというのに。*゜(PД`q゜)゜*。
これで同じ学年だなんてぇぇぇぇ!!(笑)

うちは、ラマーズ法じゃなくてリーブ法という呼吸法でした。
ちなみに私も破水から。
夜中2時頃に寝返り打ったら「あれ?」と。
一気に流れ出たわけではなかったのだけれど、何かが破裂したのは分かりました。
同じですねヽ(*´▽`)ノ
* Riy * |  2010年04月20日(火) 14:12 | URL 【コメント編集】

* Riy *さん>

おめあり~(*^ヮ^)ノ
そっか、* Riy *さんとこは早生まれだったのね。
10歳ぐらいまでは早生まれと遅生まれの体格の差とか
はっきり出るもんね……。
でも大人になると、立場逆転さヽ(´ヮ`)9 ビシ!!

* Riy * さんも破水からだったんだ!
なか~ま☆-(ノ´ヮ`)八(´ヮ` )ノイエーイ
あの不思議な破裂感覚(痛くもなんともないんだけど)は
破水時にしか感じられない貴重な体験よねw

私はもう二人目以降は望めないんで、* Riy * さんとこに
コウノトリさんがくること、祈ってます(^ヮ^)
葉佩伽耶 |  2010年04月21日(水) 13:22 | URL 【コメント編集】

うちの嫁は上の子は陣痛から自然分娩2時間でらくちんだったらしい(痛かったのは痛かったそうだが

下の子は・・・予定日一週間過ぎて気配もなく
陣痛促進剤?で強制排出、凄い痛かったらしい

女の人って凄いわ~(他人事
ぐり |  2010年04月22日(木) 10:01 | URL 【コメント編集】

ぐり>

> 下の子は・・・予定日一週間過ぎて気配もなく
> 陣痛促進剤?で強制排出、凄い痛かったらしい

( ´△`)アァー
やっぱ陣痛促進剤使ってのお産って、痛みが激しいのねorz
あれは本当に地獄でしたわ。

> 女の人って凄いわ~(他人事

お前は全ての経産婦を敵に回したヽ(´ヮ`)9 ビシ!!
葉佩伽耶 |  2010年04月22日(木) 15:39 | URL 【コメント編集】

★息子くんおめでとー

お久しぶりです^^^

息子くん誕生日おめでとー!!!
遅れましたが^^;

最近ネットと無縁の生活を送ってるもんでw
現在学生やってます^^^
カヤさんも元気そうで何より^^^
更夜 |  2010年04月22日(木) 19:26 | URL 【コメント編集】

更夜ちゃん>

(ノ゜ρ゜)ノ ォォォ・・ォ・・ォ・・・・
お久しぶり~!
元気そうでなによりだヽ(´ヮ`)9 ビシ!!

そっか、勤めを辞めたのは聞いていたけど、学生に
なってるんだね。
学べるうちに、いろんなもの学ぶのって素敵♪

私は相変わらず、同じ会社でずーっと働きながら、
MMOで遊んでますw
今はマビノギ休止してAIONやってますわ(^ヮ^)
またどこかで、たくさんおしゃべりしましょ♪
葉佩伽耶 |  2010年04月23日(金) 14:12 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://sakurayukimau.blog96.fc2.com/tb.php/620-b8aa0db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー(月別)

プロフィール

Myキャラ紹介

最近の記事

記事のカテゴリ

最新コメント

最近のトラックバック

アクセス・反応の多い記事

ブログ内検索

カウンター

リンク

著作権etc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。