スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.06.02 (Wed)

天と魔から見た「ストームレギオン」デルトラスの悲劇

【天族にとっては英雄なデルトラスも】

1079_01.jpg

魔族にとっては侵略者。


こんにちは、葉佩伽耶です。

他のMMOでもそうなのですが、私は淡々とクエやミッションこなすだけとか、
NM狩りでのレアDROP稼ぎ、PvPでスキル磨きをするよりも、その世界観やNPCの
人物像を考える・調べるのが好きだったりします。
ならオフゲーやれw って言われそうですが、人と一緒にプレイすることも
大好きですよん(^ヮ^)b
皆でわいわい半分、ソロでまったり半分ぐらいがちょうどいいペースかなぁ。

さてさて。

AIONの世界は皆様も御馴染みの通り、元々は人間と亜人種と龍族の平和な
世界から始まり、龍族が頂点に立ち、ライカン族とトルシン族を味方につけ、
更に強大な力と姿に変化し、世界を崩壊させたことから始まります。

……なんて、最初にプレイした頃は、全然理解できなかったけど(ノ∀`)

最近になって、魔族の緋織を育てるうちに、天族・魔族両方の伝承に食い違いが
ある事に気づいて、その食い違っている部分と、両方の言い分の違いに
興味をもった事象がありまして。

それが、天族のストームレギオンについてのお話。


※以下、かなり画像を多用してるので重いです。
また、

《天族クエスト(どちらも潜入クエストです)》
モルヘイムに閉じ込められたガーディアンの魂
ラミペドンの頼み

《魔族ミッション》
ガーディアンの魂

の、ネタバレ要素を含みます。
まだ知りたくない方は、ここで閲覧をストップしてくださいませ。




 











さて、本題の【ストームレギオン】。

パワーウィキには載ってなかったので簡単に言うと。

天族から見た場合:
大崩壊の後に出来た、謎の亀裂の調査団。
今で言う時空の亀裂に入り、魔界モルヘイムにたどり着き、魔族を撃破しながら
天界に戻る亀裂を探すが、魔界の神に見つかり処刑された。

(魔界モルヘイムの《デルトラスの処刑場》が、そこにあたる)

魔族から見た場合:
謎の亀裂の中からいきなり現れ、魔族に襲い掛かってきたレギオン。
自分達の崇拝する神の寛大な要求を、リーダーのデルトラスが受け入れず、
神の怒りに触れ処刑された。


ってとこでしょうかφ(・。・ )かきかき


さてさて。

天界側の図書館と

1079_02.jpg


魔界側の図書館で、まずその辺の事情が記載されている本を探してっと。

1079_03.jpg


うん、あったあった。

天界では「デルトラスとストーム レギオン」という本。
魔界では「おもしろい魔界史5」とい本が、それにあたります。

どちらも図書館の一般書棚にある本なので、エリュシオンやパンデモニウムに
行けるキャラなら誰でも読めますよん(^ヮ^)b


先に、ストームレギオンの活躍の前──大崩壊で天と魔に分かれた時の
世界の状況をさらっとまとめると。


龍族と決裂し、アイオンの塔が崩壊し、世界が二つに分かれたとき。
光が満ち溢れる世界に行った方は天族と名乗り、ディーヴァたちの姿は変わる
ことがなかったのだけど。

反対の不毛な土地、光があまり差さず、極寒の地に行った方は、神の力で
その土地に対応出来るよう、鬣を生やし、鋭い爪を持ち、光る目と黒い羽と
いった姿になり、自らを魔族と名乗るようになったそうで。
(天族、魔族って呼称は、それぞれの世界の5柱神がつけたそうだ。)


んで、龍族が起こした大崩壊でトルシン族は天界へ、ライカン族は魔界へ
行った模様。
この辺は記載されてないけど、天界にライカンは居ないし、逆もしかり。
順応しやすい方に流れついたのか、単なる偶然なのか、龍族の計略なのか
判らんけどね(  ̄- ̄)


不思議なのが、シューゴ族。
ぎゃるん! で御馴染みな商人気質の彼らは、天魔どっちにも居るけど、
姿、変わってないんだよねぇ。
いろんなMOBが天魔にいるけど、同じ姿のMOBでも色違いだったりと、環境に
対応してるのに、何故かシューゴ族って変わんない。
適応力に長けてるのか、むしろ

ぎゃるんがラスボスですか!?

ってなぐらい、不思議な種族です(--;


おっと、話がそれた。

さて。
大崩壊後に現れた謎の亀裂の数々。

1079_06.jpg

魔界側は様子見多数だったのに対し、天界側は積極的に調査の為に入った
そうだ。
んで、行方不明者続出っと……(南無


ストームレギオンが調査に行ったとき、魔界のモルヘイムにたどり着いたようで、
この先は天魔の文献の比較をしてみますφ(・。・ )

《天族》
1079_12.jpg
(最後の部分が途切れてるけど、「命令した」です)

《魔族》
1079_09.jpg


んんー?
珍しいな、言い分はともかく

天族が先に手を出した

って事実は一致してるねぇ。
大抵この手の戦争文献って、相手側に非があるように、相手が仕掛けたから
戦ったんだ! って書かれる事多いのに。

まぁでも。

1079_04.jpg

デルトラスの【勘】違い(?)で
天魔戦争勃発ですかい(--;


案外単純だな、AIONの世界(  ̄- ̄)

あとね、魔界側の文書も、ちと腑に落ちない部分があるのよね。
デルトラスと遭遇したのが新参のアルコン兵だけならともかく、古参の兵が
居たのなら、かつての自分達と同じ姿をしたディーヴァだって気づく筈。

だとしたら。
好奇心だけでなく、驚愕や羨望、嫉妬といった感情を込めた眼差しの兵も
いたんじゃないかな?
それをデルトラスの【勘】(笑)が敵意と判断したのかも(*´ェ` )(´ェ`*)ネー
あくまで推測、推測。


その後は。

《天族》
1079_13.jpg

《魔族》
1079_10.jpg


はて?
何故タイミングよくジケル神、登場したんだろ(  ̄- ̄)?

1079_05.jpg


《天族》
1079_14.jpg
1079_15.jpg

《魔族》
1079_11.jpg


どうやらジケル神って、導火線の短い神様のようねφ(・。・ )
んで、崇拝してるゆえに、普段からそういった性格だって解ってる魔族に
とっては「寛大な対応」に見え、自分達の崇拝する神を侮辱された天族に
とっては横暴な神と見えたのかな。

これに関しては、リアルの宗教による考えの差や軋轢、戦争などと全く
おんなじφ(・。・ )
日本は無宗教と呼ばれるぐらい、宗教に関する造詣は薄いけど、他の国には
厳しい教えや戒律のある宗教もあるし、それが【絶対】ゆえに、他の宗教の
信者とは相容れず、争いが耐えないもんねぇ……。

なので、どっちの言い分も正しい故に、すれ違ってるって感じかなぁ。


ここでジケル神によって処断されたストームレギオンの面々は、今でも
モルヘイムで魂となって残ってます。

1079_07.jpg

これは魔族が見た風景。

天族が潜入で訪れると、これらガーディアンは緑色のNPCとなり、襲って
きません。
天族のクエスト「モルヘイムに閉じ込められたガーディアンの魂」では、
副隊長ラミペドンに、ここに居る魂にオードの流れに戻って欲しいと
プレイヤーキャラが告げるけど、ラミペドンは隊長デルトラスの墓を守り
続けたいと承知せず。
その代わり、デルトラスの慰霊のために、処刑場で爆竹を鳴らして欲しいって
頼まれるのよね。

潜入中でSSを撮っている余裕が無かったのだけど、処刑場で流れる
ムービーは、天族キャラとしてぐっとくるものがありました。

その後天界に戻り、事の報告をすると

1079_16.jpg
1079_17.jpg

こんな感じで労いの言葉と報酬がもらえます。


じゃあ、魔族はというと。

実はミッション「ガーディアンの魂」で、

1079_08.jpg

残っているガーディアンの魂たちへの慰霊を
行ってるんですよね……。


天族のクエストを先にやっていたせいか、この魔族の心根にホロリときました。


自分達が信じている神への忠誠心ゆえに散った天族ストームレギオン。
自分達が信じている神の判断に従った魔族のアルコン。

対立してる神々に振りまわされ、駒になっている天族と魔族のディーヴァたち。
そんな状況の一端がよく解るエピソードでした。


片方だけでなく。
両方から同じ出来事を見ると、いろんなものが見えます。
皆様も、もしどちらかだけの種族でなく、余裕があったら他種族のキャラを
育ててみるのも楽しいですよん(^ヮ^)b

てなわけで。
んでは、また(^ヮ^)ノ”


関連記事

テーマ : AION - ジャンル : オンラインゲーム

11:37  |  AION(ネザカン天)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

あの図書館の本読めるのか・・・
それすら知らなかった(*´д`*)
ぐり |  2010年06月02日(水) 14:55 | URL 【コメント編集】

ぐり>

本棚から飛び出してる本のみ、クリックすれば読めるんだよ(--;
己は本当にカンストしたキャラ持ちなのかよ!w
葉佩伽耶 |  2010年06月03日(木) 19:01 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://sakurayukimau.blog96.fc2.com/tb.php/652-f8de7d0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー(月別)

プロフィール

Myキャラ紹介

最近の記事

記事のカテゴリ

最新コメント

最近のトラックバック

アクセス・反応の多い記事

ブログ内検索

カウンター

リンク

著作権etc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。