スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.05.10 (Tue)

◆怒りのチェシャ猫◆

【◆怒りのチェシャ猫◆】

cl_ab06_1.jpg

あたしは、偉さが違うからね。


こんばんは、葉佩伽耶です。
5連作も残りあと2作。

◆迷子のアリス◆
◆ハートの女王◆
◆罪のラプンツェル◆


に続いて、今日は「◆怒りのチェシャ猫◆」をお送りしますφ(・。・ )

では、どうぞ~♪


 



◆怒りのチェシャ猫◆

…こんな世界は初めてだ。

城に閉じ篭ったままのハートの女王。
トランプの兵隊は消え、バカな双子も帽子屋も居ない。
世界自体の色まで無くなっている。

なぁ、教えてくれよ?
少し前まで、あたしはアリスを空中から、からかって
嗤ってたんだぜ?
うすのろウサギが、女王の元におびき寄せる為に
走ってたんだ。

…ふん。

どうやら、2冊の本を同時に開いて読んでいる
いけない【誰か】がいるようだね。
何でそんな事が解るかって?
あたしは、偉さが違うからね。
この本の番人とでも言えば解るかい?

なぁアンタ。
本には一つ一つの物語が込められてる。
二つ同時に読もうなんて、欲張りすぎだろ?
その結果がこの世界。
これがアンタの作ったアリスの物語。

…さぁ、今すぐ片方の本を閉じな。
でなきゃ…撃ちぬくよ、その脳みそをな!



cl_ab06_2.jpg


はい、思い切りパンクなチェシャ猫となりました(ノ ∀`)アチャー

考えてみると、第1回のアリスはロリータ、第2回のハートの女王は
ゴシック、第3回のラプンツェルは和装。
んで第4回のチェシャ猫はパンクと、統一感ゼロ!

それぞれのキャラに合わせたコーデを考えてたら、自然と
こーなっちゃっただけなんですけどねw


さて、今回のチェシャ猫。
原作でもニヤニヤして嗤いながら消えたり、自由気ままな
性格で、女王に忠誠を誓っているようでいて、ちゃっかり
抜け目がない。

「他とは偉さ~が違う~」


と、煙に巻くような言葉でアリスを翻弄するキャラでした。
なので、物語を外面から見れるキャラといった位置づけで、
今回のアピコメを書かせていただきました(^ヮ^)


ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」(映画にもなった
『ネヴァー・エンディング・ストーリー』)のように、
私も本は開いた瞬間、その人その人の中に、世界が
構成されてゆくものだと思ってます。

同じ本を読んでも印象に残った場面や、登場人物への
好悪が違うように、少しずつ少しずつ世界が違うものだと
思ってます。

本を開いたら、そこは
あなただけの物語の世界。

今回はアリスとラプンツェルが混じってしまった事が
発端で物語を進めてきました。
多分、次が最終回となります。
ハッピーエンド目指して頑張りますφ(・。・ )

……でないと

チェシャ猫に頭撃ちぬかれそうだし


んでは、また(^ヮ^)ノ”

関連記事

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

20:14  |  Coolアバター物語  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://sakurayukimau.blog96.fc2.com/tb.php/825-8bec2d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー(月別)

プロフィール

Myキャラ紹介

最近の記事

記事のカテゴリ

最新コメント

最近のトラックバック

アクセス・反応の多い記事

ブログ内検索

カウンター

リンク

著作権etc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。