スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.10.07 (Fri)

【子宮がん】誕生日に癌宣告たぁイキだねせんせー

【なんつーか、誕生日に】

gan5.jpg

って言われてもなぁ( ´△`)


こんにちは、葉佩伽耶です。
あ、ちなみに落書きは【葉佩伽耶】のアバター絵で描いてます。
間違っても中の人が──小学3年生の息子がいるような年齢で

ツインテール&セーラー服

なんてコスプレしないから!
(ちなみに中の人は現在、ショートヘア)

さて、子宮癌の闘病日記の続き、始まり始まり~( ・ヮ・)ノ



(※注意※)
癌の部位が部位だけに、女性特有の習慣とかまんま綴ってます。
また、読んでいる方が痛くなるような表現、そのものをモロに
表現する事は出来るだけ避けてますが、苦手な方はスルー推奨です。



 






6月に長野の実家に息子と二人で引っ越して。
(旦那は当たり前だけど、仕事の都合上、都内自宅に残ったですよ)
住民票の移動とか、息子の転校手続きその他もろもろの事を
済ませて一段落してから、婦人科で評判のいい病院を探して通院開始。

行ったところは評判がいいだけあって、結構混んでる個人病院で。
予約とって少し待って診察開始。

医師 「出血が止まらなくなったのはいつから?」
私 「3月ぐらい……震災前からです」
医師 「3ヶ月も放っといたんかいっ!?」


と、のっけから怒られましたわ(ノ ∀`)アチャー
呆れ顔のせんせーに内診台で検査すると言われ、検査したところ

医師 「うーん……これ、見えますか?」
と、私の隣にあったモニターから見える、私の子宮付近の超音波
映像のマーキングを指して。
医師 「これ、あなたの子宮ね。おおよそ●cm。通常なら子宮の
 大きさは鶏卵ほどなんだが、あなたの子宮はグレープフルーツ大の
 大きさだねぇ」
「あー、だから私、下っ腹が出てるんですね!」


医師 「それは皮下脂肪のせいです」

……くっ!
そこで冗談でも「そうですね~」とか言ってくれ……ても、
気休めにもならんか、ちぇ(--

んで。
このブログの6月29日(水)に書いた通り
(参照:検査ラッシュ(MRIとCT)

その日にいきなりポリープ切除されまして(ノ_`。)
しっかり手術扱いとなって、高い医療費(約1万5千円)払って
きたですよ!

……病院に行くときは、皆様、多めにお金は持っていきましょ~。

で、そのポリープを細胞検査にまわしたので、来週来院するように
言われまして。
その日が、私の●●歳の誕生日だったってわけ。

もう、子宮内膜症も筋腫も確認出来た状態だったんで、まぁ、
子宮摘出になっても仕方ないなって、その時から覚悟は
出来てたんだよね。
むしろ、ずっとこんな大量出血と痛みが続くよりは、手術した方が
日常生活に差し支えないかもって思ってたの。


ところが。
人生、思いもかけない事があるもんで。
来院して、せんせーの前に座って、せんせーが一言。

「この前のポリープの結果ですが、悪性でした」

………。
……悪性、かぁ。

「明日ご家族の方と再来院してください。病状の説明と
転院の必要性の話をします」


……なるほど。
この日は、ここまでしか説明されず、以前の処置した部分の
消毒だけで済んだの。
でも、予想はしてた。
悪性って言われた時点で。

半年前の子宮癌検査で「可でも不可でもない」と言われたんだもん、
それが悪性に転じてもおかしくないなって。


で、翌日。
母と一緒に病院に訪れて、告げられたのが

「子宮体癌(しきゅうたいがん)の
可能性が極めて高いです」


といった、シンプルな言葉。
切り取ったポリープは、子宮の中から飛び出た腫瘍の
可能性が高いので、入院・手術の出来る病院を紹介します、と。

この時の私。
笑って場を茶化した方がいいのか、
真剣な表情でいた方がいいのか、
もしくは涙ぐんだ方がいいのか、

まるっきしどーでもいい事を
悶々と考えてました(ノ ∀`)


いやまぁ、もう、解ってたし。
私が今更じたばたしてもしゃーないし、後は医師の指示通り
転院して癌と向き合うしかないし(  ̄- ̄)b
ある意味思考停止なんだけど、考えたってしゃーない事は、
ぐだぐだ考えないヽ(´ヮ`)9 ビシ!!

って事で。
このせんせーの後輩が勤めている長野市民病院を紹介
してもらい、

翌日のお昼過ぎ

と、とんでもない強引な予約をねじ込んでもらったのでしたw
(ちなみに長野市民病院って地域がん治療拠点の病院なので、
本来はこんなに早く予約取れません(--;)
あまりの展開の速さに吹きだしそうになったのは、ナイショ★


さて。
転院先でも病名の見立ては変わらず、手術を受けるために

・血液
・尿
・排気量……もとい、肺活量
・心電図
・放射線
・CT
・MRI

など精密検査を、以前綴ったようにしまして。

gan4.jpg

腕がアヤシイ人になってるよ、ママン(ノ_`。)

(でもこの時は、こんなん可愛いもんだわ~w 何て思える日が来るとは
思わなかったのですよ_| ̄|○)

精密検査の結果は……また今度( ・ヮ・)ノ




てなわけで。
誕生日にいきなり癌宣告といったプレゼントもらって、とっても
印象的な●●歳を迎えた葉佩伽耶でした。

んでは、また(^ヮ^)ノ”

関連記事

テーマ : - ジャンル : 心と身体

13:17  |  子宮体がん日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://sakurayukimau.blog96.fc2.com/tb.php/848-3f4e534f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー(月別)

プロフィール

Myキャラ紹介

最近の記事

記事のカテゴリ

最新コメント

最近のトラックバック

アクセス・反応の多い記事

ブログ内検索

カウンター

リンク

著作権etc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。