スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.05.19 (Sat)

【子宮がん】子宮・卵巣全摘出手術前日(前編)

【「何かご質問はございますか?」に対して】

gan21_6.jpg

ガンガン説明をぶつける中の人(自重せい


こんにちは、葉佩伽耶です。

さて、やってきました手術前日。
去年(2011年)の7月18日(月)の事でございますφ(・。・ )
おりしも

「海の日」っつー、国民の祝日!


当然外来はやってない!
外泊可能な患者さんは家に帰ってるんで、何か人も少ない!
といった、妙に寂しい雰囲気の日……と思いきや。
前日にいろいろ説明・処置ラッシュがあって、それどころじゃ
なかった中の人でした_| ̄|○



(※注意※)
癌の部位が部位だけに、女性特有の習慣とかまんま綴ってます。
また、読んでいる方が痛くなるような表現、そのものをモロに
表現する事は出来るだけ避けてますが、苦手な方はスルー推奨です。



 









ついでなので、入院時に書かされた書類も含めて列挙すると。
(※あくまで私が入院した病院での例です。私は大部屋での
入院なので、個室希望の方や、特定の制度の受給者はその
証明なども必要になります)


【記入項目が多かったもの】

・入院申込み書……入院前に作成
(親族の署名・印鑑と、連帯保証人として別世帯成人の署名・印鑑が必要)

・入院診療計画書……入院前に作成
(自分の今までの病気既往歴、アレルギーなど、体に関する詳細書)


【署名・捺印のみで済んだもの】

・入院診療計画書
(上記の書類の1枚目。どの科でどんな処置目的なのか書かれた部分)

・手術説明・同意書
(親族もしくは代理人と一緒に説明を聞き、著名・捺印が共に必要になる)

・麻酔説明・同意書
(これは本人だけが説明を聞き、著名・捺印のみ)


手元に残ってるのはこのぐらいφ(・。・ )
あと、手術当日も親族(もしくは代理人)が最低1名、手術開始から
終了まで控え室で待つ必要があります。

んで、これが私の手術説明・同意書(の一部)


gan21_5.jpg


モザイクかけたのは、さすがに載せたらNGだろって図だったので、
そこは察してください(--;


左側の図は、お臍の下1~2cmから10cmほど開腹することを
説明したものでして。
10cm……結構でかいな……と、ふと思った

私 「はい、せんせー!( ・ヮ・)ノ
これ、トイレが辛い位置まで切りますか?」

なんて事まで、しっかり訊く恥も外聞も無い中の人(^ヮ^)Ahahaha

いやだってさ。
出産時も、その、トイレが辛いとこを縫われたんで、またあの悪夢
再び! かと思ってさ。

医師 「そこまで切らないので大丈夫ですよ」

あっさり笑顔で答えてくれました。
さすが慣れてらっしゃる!

私 「このリンパ節って、長さをどこまで排除するんですか?」
医師 「はい?」
私 「よく判らないんですが、血管みたいなものかと思ったんで……」
医師 「ああ、

血管は【管】です。
リンパ節は【節】ですよ?」

……イメージ、ものっそ間違えてました、すみません_| ̄|○


医師 「術後に母様に、摘出した臓器を確認と
説明の為、お見せします」

私 「私は見れないんですか?」

医師 「まだ麻酔から覚めきってない状態の時なので、
後日写真でお見せしますよ」

「生で見れないんですか!?」

医師 「そこまでショックな顔されて言われたのは初めてです」

え?
だって自分の臓器だよ?
どんなんか見てみたくない???

医師 「なお、うちの病院では24時間看護体制が整ってますので、
手術当日のご家族の付き添いは原則としてお断りしています」


ほほー。
私が学生時代、母が手術した時は、夜に付き添いしたけど、
今は必要ないんだのぉ。


と、母と一緒に説明を聞いた後、母は帰宅。
私は病室に戻ると、担当の看護師さんから

「葉佩さん、処置室にきてくださいね~」

との呼び出しが。
何の処置だろ? と思って行くと……あ、うん、そっか、そうね。
剃毛、でした(どこをとか訊かない!

前回、婦人科病棟は小児科と同フロアと書いた通り、処置室も
共用で使ってまして。
処置室に入った途端、目の前にいろんなものが飛び込んできまして。

私 「……なんつーか、別の意味で落ち着かないです」

看護師 「え?」

私 「アンパ○マンやドラ○もんに
見つめられながらの処置って」


そう。
この処置室。
いたるところにキャラクターやファンシーな動物の絵が飾って
ありまして_| ̄|○

子供用に痛みなどの気を反らす・恐怖を与えないようにしている
ものだって理解は出来る。
理解は出来ても……

そんな膨らんだ面で
コッチミンナ★


と、アンパ○チしてやりたかった、こんちくしょう!


てなわけで。
手術前日の話はまだまだ続くのだけど、長くなるので一旦
ここで止めます。

以下、後編へ続く( ・ヮ・)ノ


んでは、また(^ヮ^)ノ”


関連記事

テーマ : - ジャンル : 心と身体

12:35  |  子宮体がん日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://sakurayukimau.blog96.fc2.com/tb.php/877-ebd9917f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー(月別)

プロフィール

Myキャラ紹介

最近の記事

記事のカテゴリ

最新コメント

最近のトラックバック

アクセス・反応の多い記事

ブログ内検索

カウンター

リンク

著作権etc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。