スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.05.26 (Sat)

耳に残っている泣き声

【私が大切にしたいものと】

g190.gif

相手が大切にしたいものは、いつでもイコールじゃない


こんばんは、葉佩伽耶です。
ここ数日、珍しいぐらい真面目に葛藤していたことがあり、たった数日の
事なのに、何年も悩んでいたような気持ちでした。

その心の葛藤(個人・団体特定出来ないよう、かなり抽象的な綴り)は
続きから。


※自分の心の葛藤を綴っただけですので、興味の無い方は
※ここで閲覧をストップしてくださいませ。




 








集団で何かを学ぶとき。
生徒が「言えば解る」対象なら、ほぼすんなり事は運ぶ。

では、生徒が言葉も発せない乳幼児だったら?


大人しい気質の子
自我が芽生えて何でも声を出してみたい子
好奇心が強い子
甘えたくて泣いてしまう子

同じ心をもつ子供は一人もいない。


経営者なら【教室】をスムーズに進めることを優先するだろう。
その結果、【教室】にその時点で【適さない子】はどうするって?




片隅で放置。



泣いていても抱っこしちゃダメ。
あやしちゃダメ。
危ないことしないようにだけ見張っていて。



大人同士のアドバイスや注意も、忙しい故に棘が含まれる環境。
厭味を言われるのはかまわない。
子供達の前じゃなければ。
子供達は人の感情に敏感なのは私より解ってるはずの人達。


子供だって一人の人間だと言われた。
人として接するよう命令された。

でも、私には【あなた達が望むような人としての接し方】が出来なかった。



教育方針。
経営方針。
様々な事情と信念があるのだろう。
そう思って割り切ろうとした。



──割り切ろうとするたび、心から悲鳴が聞こえた



何でも手を差し伸べればいいってもんじゃないのは、判ってるつもり。
あくまで私の中の基準なんで、過保護だったりする可能性は否めない。
けど。

大人の都合で分けて
大人の都合で放置して

母親と引き離されて寂しがって泣いている子を、無視できなかった。



私はその場の不適格者だった。



情けないことに、私は痛む心に負けて、その場を去った。




放置されている子たちの泣き声が、今も耳に残っている──



関連記事

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

18:31  |  日常雑記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

こんばんは。

何か、心の奥底を トーン と叩かれた気がしました。
解っているようで、つい日々の忙しさで忘れがちな
心の葛藤をうまく表現されていて、共感しています。
書かれている内容を心に留めておきたいと思いました。
たか |  2012年05月31日(木) 22:29 | URL 【コメント編集】

たかさん>

> 解っているようで、つい日々の忙しさで忘れがちな
> 心の葛藤をうまく表現されていて、共感しています。

かなりぼかした表現で綴ったので、伝わり難いと思って
ましたが、そう言っていただけると嬉しいです(ノ_`。)
ありがとうございます。

> 書かれている内容を心に留めておきたいと思いました。

私もこの体験は忘れない……忘れられないと思います。
教育も大切だと思うけど、幼い子に大切なのは、
大人たちの【手】だと思っています。
実際に触れて、安心を覚えて、それから教育なんじゃないかなって
思ってます。

甘い考えだとも思いますが、譲れない! 頑固ババアな
中の人です(^ヮ^)Ahahaha
葉佩伽耶 |  2012年06月13日(水) 15:27 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://sakurayukimau.blog96.fc2.com/tb.php/878-f744aa7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

カレンダー(月別)

プロフィール

Myキャラ紹介

最近の記事

記事のカテゴリ

最新コメント

最近のトラックバック

アクセス・反応の多い記事

ブログ内検索

カウンター

リンク

著作権etc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。